牡蠣エキス 効能

牡蠣エキスで期待できる効能と効果をチェック!

牡蠣にはタウリン、グリコーゲン、亜鉛の含有量が多く含まれています!昔から牡蠣を干して食べたりしているのは滋養強壮の意味もあったのですね。

 

牡蠣に含まれているタウリン、グリコーゲン、亜鉛とはどのような働きを促すのでしょうか?

 

 

牡蠣エキスに含まれるタウリンとは?

タウリンとはアミノ酸の一種。某滋養強壮ドリンクでもタウリン配合!っていってますね。あらゆる効用が期待され肝臓の代謝機能の改善、高・低血圧の正常化、血栓の予防、心臓の興奮の鎮静化、体内の老廃物や有害物質の分解のほかにも、肝臓病や脳梗塞、心筋梗塞などの予防と改善にも有効で、疲労時の体力回復や気力回復にも有効とされています。

 

牡蠣エキスに含まれるグリコーゲンのとは?

グリコーゲンとは多糖類の一つです。体内に吸収されて筋肉や肝臓などに貯蔵され、即効性のエネルギーとなるため運動をする方にも人気です。肝臓の働きを活発にし、ホルモンを正常に機能させて身体に活力を与える効用も期待されています。

 

牡蠣エキスに含まれる亜鉛とは?

亜鉛は、インスリンの分泌促進、ホルモン代謝など、生体反応に欠かせない微量ミネラル元素です。別名で「セックスミネラル」といわれ、生殖器や脳機能の活性化します。

 

亜鉛が欠乏すると、成長発育障害や貧血、性機能の低下、食欲不振、味覚異常、皮膚障害などの症状がみられてきます。亜鉛のサプリもありますが、牡蠣エキスのような天然成分を利用したものが個人的にはオススメです。